使用の際に気をつけること

ルミガンは本来、眼科で処方される薬であるため、目の中に入った場合でも即害があるということはありません。しかし眼圧を下げる効果がありますから、持病のある人は医師に相談してから使用してください。特に目に炎症がある場合は使用を避けてください。どうしてもという場合は、眼科医に相談が必要です。
美容のために使うものでも、どんな副作用があるか知っておくことも大切です。一番多い副作用に目の充血があります。まつ毛に一度塗っただけでも、敏感な人は充血が起こります。点眼した場合には、まれに角膜障害を起こすことがあると言われていますので、もし目の中にルミガンが入って、痛みやかゆみ、異物感などの症状がおさまらなかった場合には、すぐに眼科医を受診してください。ですが、普通につけた直後のしばらくの間、目が充血するといった程度の一時的な症状であれば問題はありません。使ううちに刺激に慣れてくることもあるようです。
ルミガンには色素沈着作用があるため、目のまわりがくすんだり、茶色や黒っぽくなることもよくあります。まつ毛の根元から薬液が垂れたりして目のまわりに付着したときは、すぐに拭き取るか、洗い落してください。色素沈着するだけでなく、発毛効果によって不必要な部分のうぶ毛が濃くなったりすることが考えられます。色素沈着が気になる場合は、数日間使用を中止すると色が消え、元に戻ります。そのまま使い続けても極端に黒くなることはあまりいようですが、できるだけはみ出さないように塗ると良いでしょう。
眼科では、点眼した後に一時的に目がかすむことがあるため、車の運転や機械類の操作をする前の点眼は避けるよう注意しているところがあります。
あまり目立たない奥二重だったのに、ルミガンを使用していたら瞼がふっくらしてきて、はっきりした二重になれたという体験談もあります。これも嬉しい効果です。でも、まぶたにハリが出て二重になったのなら良いのですが、腫れて赤くなったり、痒みや痛みを感じたりするようなら、ルミガンが体に合わないことも考えられますから、必ず眼科を受診して医師に相談してください。
美容外科などでもルミガンを処方してくれます。診察料金はかかりますが、医師に相談しながら使用することができるので、安心して使うことができ、おすすめです。