パーマ液で痛んだまつ毛にも

アイメイクを効果的にするために、またメイクの時間短縮の意味もあって、まつ毛パーマやまつ毛エクステを利用する人も多くいます。しかし髪の毛と同様に、時間がたてばパーマをかけなおさなければなりませんし、エクステもまつ毛の伸びと共につけ直さなければなりません。つけまつ毛のように毎日つけなおす必要はありませんが、まつ毛パーマやエクステを利用している人は、月に一度は施術に通っているのではないでしょうか。
まつ毛の長さや量がもともと充分にある人や、年齢の若い人ならそれほど問題はありませんが、まつ毛も髪と同じで、パーマやエクステを繰り返すと次第に痛んできたり、折れたり、切れたりしてしまいます。年齢と共にボリュームを失ったり、まつ毛の生えかわりでも若い頃ほどの再生能力が望めなかったりすることもあります。
まつ毛パーマを施術するお店の中には、いまだにまつ毛専用ではなく、髪の毛と同じパーマ液を使用しているところも残っているようです。まぶたが腫れたり、きれいにするはずのまつ毛が抜けたり、最悪のケースでは失明する可能性もあります。またエクステでも接着剤でのトラブルや、まつ毛の向きによっては眼球を傷つけるケースもあるようです。
特に危険なケースばかりを挙げましたが、すべてのお店でこんなトラブルがあるわけではありません。腕の良い施術師がいるお店では、リラックスして眠ってしまうことがあるほど気持ち良く施術してもらえます。まつ毛パーマもエクステも、信用できるお店で施術してもらうことが大切です。
ルミガンはまつ毛育毛剤ですが、まつ毛美容液の効果もありますから、まつ毛パーマやエクステで痛んだまつ毛の再生にも効果を発揮します。まつ毛が長くなり、増量しますので、エクステができないと言われてしまった人でも、再びエクステができるほどまつ毛を伸ばすことができます。ルミガンは目薬のような液体ですから、少し効果は落ちますがエクステの上からでもつけられます。自まつ毛の本数で、つけられるエクステの本数も変わってきますので、エクステの施術効果を上げるのにも役立ちます。数か月間使用を続ければ、エクステ自体が不要になるくらいの濃いまつ毛になります。