大評判のまつ毛育毛剤「ルミガン」

最近、テレビ番組での紹介や口コミで話題になっているルミガンやケアプロストをご存知でしょうか。まつ毛が伸びるビマトプロストを有効成分とした、まつ毛用の育毛剤です。今までの美容液とは違い、発毛効果が期待できる「育毛剤」なのです。
ルミガンはもともとはアメリカのアラガン社という製薬会社が、緑内障や高眼圧症の治療薬として開発した製品でした。眼圧を下げる目薬で、1日1回、1滴を点眼するというものです。眼圧効果作用が長期にわたって安定して期待できる薬として、今でも眼科などで使用されています。
ところが、緑内障などの治療中に、ルミガンを処方した患者さんのまつ毛が伸びていることに眼科医が気づき、まつ毛を伸ばすなどの意外な効果があることがわかったのだそうです。実際に、眼科で処方されるビマトプロスト(商品名:ルミガン点眼液0.03%)の副作用として、「まつ毛の異常」が記載されています。異常という表現は少しショッキングですが、これがまつ毛の育毛ということです。開発元のアラガン社のホームページにも、副作用にまつ毛の育成があることがはっきり記載されています。
まつ毛と言うと、これまではマスカラやエクステ、まつ毛美容液などが主流でした。まつ毛美容液は、肌に使用する美容液と同じで、薬というよりも化粧品のひとつという位置づけになります。
まつ毛美容液も女性に人気の商品ですが、最近はより効果の大きい育毛剤であるルミガンに熱い視線が注がれています。もとが医療分野の薬なのですから、効果が大きいのも当然かもしれません。まつ毛の増毛、発毛効果があり、長くて密度の濃い魅力的なまつ毛になれる、と大評判なのです。
実際にルミガンを使った人たちの口コミでは、眼科で処方されるルミガンのほかに、同じ有効成分のビマトプロストが使用されたまつ毛育毛剤が薬局やインターネット、個人輸入でも手に入るようです。個人差はあるようですが、それまでまつ毛が短いのが悩みで、エクステやつけまつげに頼っていたという人も、使用を始めて数週間ほどで、驚くほどまつ毛が伸びたと言います。